• 相場師一代」 是川銀蔵(著) 小学館文庫・・「最後の相場師」と称せられた”是川”が93歳で記した唯一の自伝書
  • 相場師」 清水一行(著) 集英社文庫・・大阪・北浜の売り買いの修羅場で全てを賭けた男の血みどろの栄光と挫折を描く経済小説
  • 「逢えるかもしれない」 ジェームス三木(著) 集英社文庫・・記憶喪失となった青年の過去を求める単独行の行く手を阻む黒い魔手と愛の切なさと歓びを讃うサスペンス小説
  • 天国までの百マイル」 浅田次郎(著) 朝日新聞出版社・・ろくでなしの中年男の心臓を患う母の命を救うための百マイル。親子の切ない情愛と男女の哀しい恋模様を描く。
  • ビット・トレーダー」 樹林伸(著) 幻冬舎文庫・・人生も株も「底」を打った男が、家族の絆を取り戻すため、人生をかけた大勝負に挑む経済犯罪小説
  • 失踪者」 下村敦史(著) 講談社文庫・・空白の10年、氷点下に閉ざさなければならなかった、謎に包まれし親友の”秘密”とは。仰天からの号泣の山岳小説
  • 生還者」 下村敦史(著) 講談社文庫・・事故か他殺か!ヒマラヤで兄が亡くなり、二人の男が奇跡の生還を果たす。しかし真っ向から食い違う証言。山岳ミステリー小説。
  • 終わった人」 内館牧子(著) 講談社文庫・・定年って生前葬だな!生き甲斐を求め、居場所を探しあがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出会いが運命の歯車を回す定年小説
  • 「いま、会いにゆきます」 市川拓司(著) 小学館文庫・・哀しい未来を知りながら、それでも愛しい存在に向かって発せられる言葉。その深く強く優しい決意に、きっと心打たれる最上の恋愛小説。
  • 夏雷」 大倉崇裕(著) 祥伝社・・槍ヶ岳に登れるようにしてほしいとの依頼のあった初老の老人が消えた。1度は山を捨てた男の再生を賭けた闘いの行方は?山岳サスペンス小説。
  • 「死にゆく妻との旅路」 清水久典(著) 新潮文庫・・長引く不況、借金と万策尽き果てたとき、私は妻のガンを知った。古ぼけたワゴン。二人きりの最後の旅が始まった。鎮魂の手記。
  • 野心家の時間割(人生の勝者となるために)」 邱永漢(著) PHP文庫・・野心あふれるビジネスマンに、充実した人生とは何かを掲示。
  • 流浪の月」 凪良ゆう(著)・・本屋大賞受賞!私はあなたのそばにいたい。異色な新しい人間関係への旅立ちを描いた息をのむ傑作小説。
  • たまらなく孤独で、熱い街」 山田正紀(著)・・大都会の片隅に生きる青年の孤独な魂をミステリアスに描く。
  • 知識を操る 超 読書術」 メンタリストDa・iGo(著)・・理解し自分の頭で考えて実戦するするのが読書である。
  • 臆病者のための株入門」 橘玲(著)・・カモられずにお金を増やす方法。株と人生設計”、クールで知的な株入門。
  • 最後の相場師」 津本陽(著)・・史上最大にして最後の相場師、是川銀蔵氏をモデルにした男の生き方を描く株投資小説。
  • ドラッカー流 最強の勉強法」 中野明(著)・・ドラッカーはどのようにして豊富な知識・教養を身に着け、常に著作を発表し続けることができたのか。
  • 成功者の告白」 神田昌典(著)・・起業して事業は急成長だが、困難は次々に訪れる。本当の幸せとは何かを問う。
  • 「キリン」 山田悠介(著)・・兄は天才・弟の麒麟は失敗作として見捨てられてしまう。孤島に幽閉されても家族の絆を信じるが・・
  • 一日一生」 酒井雄哉(著)・・一日を一生のように生きよ、明日はまた新しい人生
  • 人生の勝算」 前田裕二(著)・・コンパスは持っているか!
  • 脳寿命を延ばす」(認知症にならない18ほ方法) 新井平伊(著)・・脳の老化は身体より早い。いますぐできる頭のメンテ
  • 竜の道(上・下)」 白川道(著)・・目的は復讐と君臨。裏社会と官僚世界でのし上がる双子
  • 竜の道(昇龍篇)」 白川道(著)・・ブラジルより戻った竜一と官僚となった竜二の復讐劇が始まる
  • 蒼き山嶺」 馳星周(著)・・直木賞作家の新境地となる傑作山岳小説
  • 一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」 cis(著)・・独自の投資哲学で230億円を稼いだ勝思考
  • 読書を仕事につなげる技術」 山口周(著)・・こうすれば、知識が成果に変わる!
  • ガラケー男がネット副業で5000万円」 五十嵐勝久(著)・・
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 七月隆文(著)・・奇跡の運命で結ばれた2人の別れ・恋愛・出会い
  • テトラポッドに札束を」 和佐大輔(著)・・すべては絶望から始まる
  • 流星の絆」東野圭吾(著)・・両親を惨殺された三兄弟の復讐計画は無残に打ち砕かれる
  • 父親」遠藤周作(著)・・妻子ある青年実業家との不倫する娘とそれを見守る父親との切々な心情を描く恋愛大作
  • 1%の努力」ひろゆき(西村博之著)・・ 1%のひらめきがなければ、99%の努力はムダになる