「成功者の告白」 神田昌典(著)5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語、仕事に人生に役立つ「幸福の鍵」

講談社+α文庫 820円 2006年9月20(平成18年)

成功と幸せとは何かを考えさせられる
「このままでは終われない」と独立し、小さなIT起業を立ち上げた33歳のタク。 努力の甲斐があった事業は急成長。 順風満帆のようにみえたタクのもとに次々と困難が・・・。 見せかけのベンチャー成功物語の裏にある「落とし穴」を小説仕立てで描いた1冊。 「本当の幸せとは何か」考えさせられる本。 落とし穴にハマッタ時の対処法も載っている。
目次
プロローグ
第1章 見せかけの成功物語
第2章 幸福と不幸の狭間で
第3章 優しさの罠
第4章 成功の果てに
エピローグ
感想
以前の購入本で未読となっていたのを再読する。
起業した後の成功者の次々と起こる災難を克明に原因と対処を物語風に進める。
読んでいてわかりやすく、何故故に家族を含めた困難に突き当たるのか、会社が陥るスパイラル。
経営者としての知らなければならない初級本でも有った。
しかし、まだ起業もしていない小生にとっては参考とするも実感が湧かない部分も多々ある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です