福浦港東防波堤灯台(神奈川県湯河原町)長閑な漁港にひっそりと立つ赤灯台

住所:神奈川県足柄郡湯河原町福浦
参観時間:内部見学はできない
料金:なし
休み:なし
駐車場:あり(有料)
問合:
アクセス:東海道本線「真鶴」駅より車で5分、徒歩15分
国道135号線、真鶴半島西側ある福浦漁港先堤防
2423
塗色・構造:赤色・塔型(造)
レンズ:LED
灯質:群閃赤光(毎6秒に2閃光)
光度:カンデラ
光達距離:5.0海里( km)
明弧: 度から 度
高さ :地上~灯塔頂部8.2m
   :平均水面上~灯火12m
        :地上~灯火
点灯年月:昭和40年2月
小田原から真鶴方面へ国道135号線を海岸線に進み、半島を横断した真鶴トンネルを抜けたところを左折。その先の細い道筋に沿って走り抜けた先の行き当たりにその灯台はあった。
突き当りの店舗は漁港の食堂レストランのようで、店前の駐車場は満杯であり、その店の前には大きく広い駐車場があるが、看板には有料と書いてある。終日1000円。
ここはダイビングスポットでもあるのか、幾台かの車が駐車していた。
ここで昼食でもすればよいのだろうが、この日はここに来る前に済ませていたので、灯台はここからも良く見える距離にあり、滞在時間もほんの少しであることから、少し離れた側道にとめて徒歩で向かう。
堤防の幅は比較的に広くその突端にあった。
赤色円塔形の灯台である。幹も太く小型ながら堂々とした趣。
漁港は長閑であり何か時間の流れが遅くさえ感じられる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

RIST灯台(石川県)

次の記事

RIST灯台(福井県)