熱海港防波堤灯台 静岡県熱海市 熱海港海釣り施設内の突端にある釣り人で賑わう白亜の灯台

住所:静岡県熱海市和田浜南町1694
参観時間:内部見学はできない
料金:なし(海釣り施設:見学入場料300円)
   開園時間:4月~10月6時00分~日没、11月~3月7時00分~日没
休み:なし(海釣り施設内にて、第3水曜日)
駐車場:あり(海釣り施設専用駐車場:500円、市営駐車場:30分110円最大1760円)
問合:0557-86-6218(熱海市役所公園緑地課)
アクセス:JR東海道線「熱海」駅から伊豆東海バスで熱海港へ、徒歩10分
2424
塗色・構造:白色円塔形
レンズ:
灯質:連成不動群閃緑光(毎7秒に2閃光)
光度:
光達距離:9海里(km)
明弧:
高さ :地上~灯塔頂部11m
   :平均水面上~灯火15m
     :地上~灯火m
点灯年月:昭和51年12月
熱海港防波堤灯台は初島・大島行きのフェリー乗り場から、その対岸の堤防にある。
駐車場は今回、初島まで渡る予定のためフェリー乗り場近くの市営駐車場に停めることとなった。
この灯台近くには、海釣り施設専用の駐車場の方が近い。
堤防に沿って歩くと、海釣り施設入口に着く。受付で灯台だけの見学を希望と伝えると入場料300円、ライフジャケットを渡される。天気も良いせいか大勢の釣り人が糸を垂らしていた。そして堤防正面に白亜の灯台が出迎えてくれる。
灯塔の高さは11mとのことだが、意外に大きく、そして漁港の灯台と違って人が多く賑やかさを感じる。
灯台根元まで近づいてみる。何と根元付近は立入り禁止となっているではないか。銘板を撮影することを諦めねばなるまい。
先ほど初島行きのフェリーから出港時に海側から見たこの灯台も威風を醸し素朴ながら灯台らしい灯台を見たような気がした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です