観音埼灯台(参観灯台)を牛乳パックでクラフト

初めての灯台クラフトに挑戦してみた。

実に難しかった。最初は紙の図面で作ってみたが、折り紙の延長でどうみても灯台観がでず、重厚さも美しさも見事に打ち砕かれた。

しかし、外観の構想は多いに参考になったなったので、次に木片で作ってみることになる。

バルサの厚さ2mm程の板に設計図を映しこんで、カッターナイフで切り取りヤスリで磨き組み立て白のペンキで塗ってみた。

しかしこれも思い描いていたイメージとかけ離れている。木片の表面の質感が違うのである。

次に取り組んでみたのが、白の塩ビの板であった。これなら表面の白の質感と重厚感が絶対にあうと思い、切断の道具を買い求めて挑戦する。

だが、直線はまだしも曲線の切断と曲線のラインが難しく、時間もかかるので挫折する。

結局、最後にたどりついたのが、牛乳パックであった。廃材利用でもあり、牛乳パックの内側の白の質感と厚みがうってつけであり、また加工もしやすく美的でもあった。

灯台クラフト第1号として、まだまだ改良の余地はあるものの、とりあえず完成する。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です