須崎恵比島向灯 静岡県下田市 恵比須島の山頂の恵比須神社と隣接する指向灯

住所:静岡県島田市須崎1638
参観時間:内部見学はできない
料金:なし
休み:なし
駐車場:なし
問合:不詳
アクセス:伊豆急行線「伊豆急島田」駅よりバスで須崎海岸雪「須崎海岸」下車、徒歩5分
マイカー:県道116号線より爪木崎入口交差点を直進し、海岸道なりに突端突き当り
2443
塗色・構造:白色円塔形
レンズ
灯質:不動白赤緑光
光度:
光達距離:W14海里 R10海里 G11海里
明弧:
高さ :地上~灯塔頂部13m
   :平均水面上~灯火32m
     :地上~灯火 m
点灯年月:昭和47年1月
本日4番目にやって来たの岬に突き出た島へ徒歩でる、須崎恵比須指向灯である。
指向灯とは”運行困難な水道、狭い港口等の航路を示すために航路の延長線上の陸地に設置した構造物で、
白光により航路を、
緑光により左舷危険側
赤光により右舷危険側を示すもと”とのこと
灯台とは趣が違うが一度は立ち寄ってみたく、折角ここまで来たのだから寄ってみようと思いやってきた。
島の入口には少しの駐車スペースがあったので、ここに停車し島を渡ることとした。恵比須橋は結構立派な橋で、橋の突き当りがすぐに山側と島を一周散策するコースがある。左側の階段を登り指向灯を目指す。少し急ではあるが適度な登りで平坦になった先に恵比須神社が現れる。
そしてその横に「須崎恵比須指向灯」があった。
全体に木々が生い茂り平坦部分が狭いので全景を撮影することはできなかったが、灯台と違い一風変わった形であった。
この形も指向灯独特のものなのだろう。
ここから、海は眺めるの厳しく駐車も気になるので早々に引き上げることとした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です